N国党所属議員

サーファーtakashiが飲酒運転で泥酔して事故?N国党を攻撃していた人間の末路とは

サーファーtakashiがNHKから国民を守る党から訴えられる?

NHKから国民を守る党を批判していたサーファーtakashiが、
飲酒運転をしてかつ事故を起こしたのではないかというニュースが流れました。

サーファーtakashiは、
これまでにN国党所属の大橋昌信議員を過激な言葉で脅迫したり、党首の立花孝志氏が批判を繰り返していた二瓶文徳中央区議員と連絡を取り合ってN国党を批判していた人物です。

まずはこちらの動画の音声を聞いてみてください。

・・・明らかにろれつが回ってないですよね。

政治活動に批判はつきものです。

表現の自由が保証されている日本では、
法に触れない限り、または検察に起訴されて有罪にならない限りサーファーtakashiのN国党批判も自己主張の範疇でしょう。

ですが、
おそらく調子に乗って気分が大きくなり大酒を飲んでそのまま車を運転するような真似は絶対に許されることではありません。

今まで飲酒運転が引き起こしてきた事故の数々、
そしてどうして日本という国が飲酒運転を相当に厳罰化したのかを理解できない人間は明らかに理解力が不足していると言わざるを得ませんね。

N国党はいまや良くも悪くも話題になる政党です。

マツコ・デラックス事件、メンタリストDaigo動画での絶賛、N国党からのホリエモンの出馬、そして立花孝志氏の書類送検・・・

関連:
→【ホリエモンがついにN国党から出馬?

→【マツコ・デラックス事件をメンタリストDaigoが絶賛?

短期間の間に、
多くの話題を作り、そしてその都度バズって多くの人の耳目を集める結果となりました。

そのN国国党の活動や所属議員に対して、
自分が思った意見をぶつけてそれをネットに配信することで注目されたり、ファンを増やしたり、収益にするのは自由でしょうし、今後もそのような人はたくさんでてくると思います。

ですが、
表現の自由、批判の自由を理解しその権利を行使するとともに、改めて肝に命じておかなければならないこともあります。

それは、
戦略なき炎上狙いの愉快犯になるのは勝手だが他人に迷惑をかけてはいけないということです。

あわせて読みたい:
→【今さら聞けない!サーファーtakashiって誰?

N国党を批判して注目を集める愉快犯の悪い例がサーファーtakashi

N国党を批判して注目を集める愉快犯の代表例がサーファーtakashiです。

また、
彼ほど有名になったわけではないが水面下でN国党を扱って注目を集めようとしているユーチューバーもたくさんいるでしょう。

彼らの目的は「再生回数」であり「チャンネル登録者数」です。

その2つを積み上げるには、
他人に迷惑をかけてはいけないなどといった倫理は無視してしまいがちです。

面白いコンテンツを作ることと、
面白ければ何をしてもいいのは全くに別物です。

周囲や近所に、
サーファーtakashiのような人物がいて、他人を散々無計画に批判し、酒を飲んで気分が大きくなり、車を運転するような人間がいると想像したらどうでしょうか?

自分自身で完結する情報発信は自由に行うのがいいでしょう。

ですが、
他人や他の組織を批判することで注目を集める行為には危険が伴いますし、日頃から他人の行動によりネガティブな情報を発信して自分のキャパ以上の反応があった時のその自尊心の充足から来る暴走をコントロールできるようにしておくべきでしょう。

今回のサーファーtakashiですが、
飲酒運転と事故を起こしたとされる日までは、なんだかんだで明らかに法に触れる行為は行っていなかったでしょう。

N国党所属の大橋議員に対する脅迫も、
警察に出頭し事情を説明したとされ、その後どうなったのか(書類送検、起訴など)の詳しい情報はありません。

ということは、
法に触れない範疇で行動をしていたということになります。これはこれで良かったのです。

ですが、
飲酒運転による事故を引き起こした可能性がかなり高い音声がネットに拡散された時点で、サーファーtakashiに正義や大義名分はなくなりました。

N国党を無計画に批判する愉快犯は、
「自分だけよければいい」という無責任な考えを持つという非常に危険な因子をはらんでいる人物かもしれないということを多くの人に認識させた大きな事件であるとも言えるのです。

N国党の所属議員が暴行を受けたニュースはほとんど報じられていない

N国党をダシに愉快犯が面白がっている一方で、
N国党の大橋議員に対して暴行をはたらいた暴漢が逮捕されたニュースはほとんど報じられていません。

→【N国党市議に頭突き疑い 無職男を逮捕 千葉県警

N国党のイメージが悪くなるニュースが瞬時に日本を駆け巡る様相は、
立花孝志氏が書類送検されたというニュースを見れば一目瞭然ですね。

ですが、
N国党に対する被害に関するニュースは大手メディアは報道しない。

この理由は少し考えれば分かります。

N国党に対する同情や擁護派が団結する機会を作りたくないと思う人間がいるからです。

それが具体的に誰なのかは想像におまかせしますが、
少なくとも情報の取捨選択ができるメディア側に近しい人であることは想像に難くありません。

N国党所属議員への暴行事件は、
承認欲求を満たすためだけの愉快犯を野放しにし、一方的に流される選ばれた報道やニュースだけを信じることでいかに民衆が盲目的になってしまうのかが分かった一件でもあるのです。

N国党を支持するのも批判するのもまずは落ち着いて情報を判断するスキルを身につけてから

情報発信が誰でもカンタンにできる時代となり、
自分の周りにもサーファーtakashiのようなルールを守らない危険な愉快犯が潜んでいる可能性も高まってきました。

今のままの状況が続くのは少なくとも安心材料ではないですし、
子供がいる親御さんたちは教育や子育てにおける心配のタネがサーファーtakashiによって増えてしまったと思わざるを得なくなりました。残念ながら。

では、
この状況を回避するにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、
ただ流されてくる情報を鵜呑みにしてそれらを盲目的に信じないことです。

情報に流されるのは危険です。

なぜなら、
情報の取捨選択権を握るのはメディアだからです。

N国党に限って言えば、
党首である立花孝志氏が発信するyoutubeを見れば正しい情報やN国党の活動を得ることができます。

サーファーtakashiが、
N国党のyoutubeを情報収集のためにたくさん視聴していたとは言い難いでしょう。

二瓶議員との事件も、
よく情報を精査すればどちらの言い分に大義があるのかは良識のある人ならばすぐにわかるでしょう。

その事件を面白おかしく煽り、
本来目を向けるべき中央区民や日本国民を無視した愉快犯劇場を作ったサーファーtakashiの末路が飲酒運転であり事故です。

こうした人間に巻き込まれないようにするには、
まずは正しい情報がなんなのか判断しようとする姿勢が必要です。

情報の正誤を判断するのはカンタンではありません。

ですが、
すくなくともニュースや報道に「本当かな?」という疑いの目を向けて前後の文脈を読む習慣を付けるだけでも自分へ降りかかる火の粉は払えることができるでしょう。

ネット環境とスマホがあれば、
老若男女だれでもどんな情報へもアクセスできる時代です。

N国党に関する情報も、
正しい情報を理解した上で彼らの行動や活動を見ても遅くはないでしょう。

その上で、
支持をする、反対する、または静観する、無視するといった主体的行動を起こせばいいのです。

今回のサーファーtakashiの愚行によって、
N国党に対する愉快犯との距離を置くことの重要性が理解できたでしょう。

サーファーtakashiが罪を犯したのであれば、
改心して1人の社会人として良識のある行動ができる人間になることを期待しましょう。