youtube動画

【ホリエモンが解説】NHKから国民を守る党立花孝志氏が辞職・参院補選で再出馬!

日本の政治が変わろうとしているのかもしれません。

NHKから国民を守る党の党首である立花孝志氏が、
現在の参議院議員を辞職し、改めて参議院埼玉補欠選挙に出馬すると発表しました。

このニュースについて、
絶対的な人気を誇るインフルエンサー堀江貴文さんが動画で解説をしていますので、内容を紹介しつつ今回のN国党の戦略を改めて考えてみたいと思います。

ホリエモンが解説!「立花さんは頭良すぎ!」と唸った選挙戦略とは?

今回のN国党立花氏による参議院議員辞職・再出馬について、
ホリエモンは以下のポイントを動画内で解説していました。

・立花氏自らの立候補で戦略を実行

・比例代表当選なので議席は減らない
→N国党は2019年7月の参議院選挙で比例代表選挙で当選したので、立花孝志氏がたとえ辞職しても繰り上げ当選で浜田氏がそのままN国党所属の参議院議員となる。

・議員に執着していない
→過去にもyoutube動画内で「はやく議員を辞めたい」と言っていたが、それを自ら行動で示した。

・参議院で与党は3分の2の議席がない
→現在与党は参議院で議席を3分の2以上獲得していない。少数の議席を持つ政党が今後の議会運営の鍵となる。

・N国党が改憲のキャスティングボードを握る
→安倍政権が実現希望の憲法改正を実施するには参議院で3分の2以上の賛成が必要。議席を増やせばN国党がキャスティングボードを握る可能性が出てくる。

・政党助成金を全て議員に渡してN国党に引き抜く(党が中抜きしない)
→政党助成金が交付されたら党で中抜きせずにそのまま議員へ渡すことを約束して議員引き抜きを狙う。選挙で新たに議席を増やすよりもすでに他政党で議員になっている人を引き抜いたほうが効率がいい。

動画は4分27秒とそこまで長くはありません。

ですが、
ホリエモンの話し方や語気、顔の表情を見ているとN国党に対してかなり熱くなっている(いい意味で)のが感じ取れます。

数日前には、
N国党がホリエモンを公認候補に決定し選挙に出る!といったニュースや動画が話題になりましたよね。

関連:
→【N国党からホリエモンが公認で時期衆院選に出馬?

ホリエモンは明言は避けていますが、
今回の動画を見る限りではホリエモンの次回衆議院選挙へ出馬する可能性もグッと高まっているように思えます。

また、
Twitterではホリエモンが以下のようなツイートをして立花孝志氏を絶賛しています。

今後のN国党とホリエモンのコラボ、
そして政界や選挙制度へどんな影響を与えるのか楽しみになってきましたね。

関連:
→【ホリエモンが絶賛したN国党『政治と選挙の分離戦略』とは?

参議院でN国党が議席を増やすとどんな影響があるのか?

今回の参議院埼玉補選で、
もしもN国党の立花孝志氏が当選して議席数を伸ばすことができれば今後の日本には大きな影響を持つと言われています。

なぜなら、
参議院では与党が議席の3分の2を確保していないため改憲を進めるためにはN国党のような野党と協力せざるを得ないからです。

ざっくりではありますが、
憲法9条の改正には衆議院で3分の2の賛成→参議院で3分の2の賛成→国民投票で過半数の賛成という手順が必要となります。

衆議院では与党は3分の2を確保していますが、
現在参議院では改憲に賛成する与党の議席は160で、3分の2の164に満たないのです。

参照:
→【参議院の現在の勢力図

つまり、
与党はN国党のような「完全に反対する勢力以外の少数政党所属議員」を上手に取り込む必要があるのです。

例えば、
参議院で改憲に賛成する議席が3分の2に1議席足りないとします。

その1議席を担うことで、
与党に借りを作り今後の議会運営に意見を言える影響力を持つことが可能になるのです。

そして、
10月27日の参議院埼玉補選でもしもN国党が議席を獲得できれば2議席となります。

与党の改憲派は、
参議院の3分の2の賛成がどうしても欲しい状況なので、その2議席も無視できなくなります。

また、
野党も改憲に反対するにはN国党と手を組まなければならなくなるでしょう。

このように、
改憲の決議に対して大きな影響力をN国党が持つことができるかもしれない可能性がある戦略をホリエモンは絶賛しているのです。

ホリエモンが参院埼玉補選でN国党を応援すれば十分勝ち目はある?

今回のホリエモンの動画を見る限り、
ホリエモン自身もN国党のサポーターになっていることがわかります。

じゃないとあそこまでベタ褒めしませんからね。

すでに、
ホリエモンのTwitterのフォロワー数は300万人を超えています。

そして、
N国党の立花孝志氏のyoutubeチャンネル登録者数は50万人を突破しています。

加えて、
メンタリストDaigo氏もN国党を応援する動画をいくつもアップロードしており、そのチャンネル登録者数は160万人以上です。

関連:
→【メンタリストDaigo氏がマツコ・デラックス事件を絶賛?

これだけでも凄い人数ですよね。

この多くの人たちが、
これからN国党の選挙戦の情報やライブ放送を目の当たりにするのです。

さらに、
炎の講演家の鴨頭嘉人氏もN国党の立花党首に感銘を受けたと動画内で熱く、そして涙を流しながら語っています。

ホリエモンや他の著名人が真剣に応援すれば、
多くのホリエモンファンも選挙に興味を持ち、そして多くの人が情報の拡散や人伝てにN国党を応援するでしょう。

だんだんと、
日々の情報収集源がテレビなどの大手メディアからネットに変わってきています。

N国党のメディア戦略と、
ホリエモンを始めとするインフルエンサーの情報拡散力や影響力があれば、N国党の立花孝志氏が当選するのも夢ではありません。

参院埼玉補選は、
10月10日に告示し、10月27日に投開票されて当選が決まります。

歴史の証人として、
この1ヶ月はじっくりと参議院埼玉補欠選挙の選挙戦、N国党やホリエモンが発信する情報を見ていきましょう。