youtube動画

NHKから国民を守る党の政見放送(埼玉補選)の内容と公約を解説します

2019年10月27日投開票の参議院埼玉補欠選挙に関する政見放送が放送されました。

今回のNHKから国民を守る党のテーマは

【既得権益 VS 反既得権益】

の構図を鮮明にすることであると言っていいでしょう。

普段、
政見放送はあまり見ないという人も多いですよね。

そうした人のために、
この記事を見ることによってN国党の政見放送の内容や公約がわかるようになります。

参議院埼玉補欠選挙に興味がある方は是非読んでみてください。

では早速いきましょう。

N国党のテーマは【既得権益との対立構造を確立すること】

今回のNHKから国民を守る党の選挙テーマは、ズバリ

【既得権益層との対立構造を確立すること】

と言えます。

既得権益層とは以下の人や組織を指します。

・上田きよし候補

・大野元裕埼玉県知事

・大手メディア(テレビ、新聞など)

・与党、野党

・NHK

これらの人間や組織が、
今の日本で利益を独占し日本国民の税金を好き放題使っており、都合の悪い情報は報道せず、既得権益層に有利な情報だけを編集して報道している、というのがN国党や立花孝志候補の主張です。

続いて、
反既得権益層とは以下の通りです。

・NHKから国民を守る党

・立花孝志

・N国党支持層

・不景気によって生活が苦しくなっている人々

・NHK受信料の不当な取り立てに悩み怯えている人々

反既得権益層の代表者が立花孝志氏であり、
巨大な既得権益層に反旗を翻して参院埼玉補欠選挙に勝つ、というのが今回の大枠ですね。

政見放送内で、立花孝志氏はとにかく対立構造を確立することをアピールしました。

・悪 VS 正義

・TV VS インターネット

・今川義元 VS 織田信長
※桶狭間の戦いを引き合いに出す

左側が既得権益層、右側が反既得権益層という構図ですね。

人間は、
しがらみだらけの連合軍同士の戦いよりも、【白 VS 黒】のようなはっきりしたストーリーの方が理解しやすいのです。

多くの人に今回の選挙を理解してもらい、
N国党に投票してもらうためには分かりやすい対立構図が必要だとして、こうした政見放送の内容になったのです。

N国党立花孝志候補の支持者には著名人がたくさんいるとアピール

今回のN国党立花孝志候補の政見放送の特徴として、
N国党を支持してくれている著名人をアピールした、という点が挙げられます。

立花孝志候補が政見放送内で支持者として紹介した人は以下の通り。

・ホリエモン(堀江貴文)

・メンタリストDaigo

・橋下徹

・飛鳥涼(元CHAGE and ASKA)

・三崎優太(青汁王子)

・ダルビッシュ有(メジャーリーガー)

・SHO(ヤクブーツハヤメローで有名な歌手)

主に、
若い世代やネットに慣れ親しんでいる世代に名が通っている人がメインですね。

こうした人達から支持を受けているとアピールすることで、
「あの〇〇さんが応援しているならN国党をもっと詳しく見てみようかな」と思ってくれる人たちを掘り起こすのです。

TVや大手メディアはとにかくN国党や立花孝志氏を悪者、怖い人、元犯罪人(有罪になったことは一度もない)というイメージにしたいのです。

当然、
TVや新聞などでは「N国党や立花孝志は悪者」という情報しか流しません。

そうした情報は誤りで、
実はN国党や立花孝志氏は正義の味方、いい人であることを証明するために、著名な人たちがN国党を支持しているということを公共の電波(政見放送)で伝える必要があったのです。

参議院埼玉補選でのN国党の公約とは?

今回の参議院埼玉補欠選挙では、
【既得権益 VS 反既得権益】という印象が強いですが、NHKから国民を守る党としてしっかりと公約も準備し有権者にアピールしています。

関連:
→【埼玉補選でのN国党の公約とは?

N国党の大きな公約は、

【NHKのスクランブル放送化】

です。

この大前提はありつつ、
今回の埼玉補選のN国党の公約は以下の通りです。

・消費税を5%に戻し消費を促進することで税収を上げる

・スマホ購入時に助成金を国から出す

・電動自転車を購入する際に助成金を出す(選挙ポスターに掲載)

一方で、
上田きよし候補陣営の公約に関しては、政見放送内でもいまいちわかりづらく、「これだ!」というものが見当たりませんでした。

また、
Twitterやyoutubeを見ても上田きよし候補が掲げる公約が情報発信されていません。

既得権益層の代表として公約がないということは、
要するに今までの政治がそのまま続いていきますよ、と言い換えることができます。

一方で、
反既得権益の代表としてN国党側は国民が「ありがたい!」と思う公約をしっかりとSNSや動画、政見放送で伝えていますね。

どちらがより国民に寄り添った陣営なのか、
埼玉県民を始め日本国民の皆さんはよく考えてみてはどうでしょうか?

前回のN国党の政見放送と比べて今回の内容はどうだったのか?

NHKから国民を守る党の政見放送といえば、
2019年の夏の参議院選挙での政見放送のイメージが強いですよね。

特に、
党首である立花孝志氏の政見放送は強烈で、

・不倫

・路上カーセッ○ス

といった際どいキーワードで一気に視聴者の興味をかっさらうというトンデモナイ政見放送を流して話題となりました。

この前回の政見放送を見た人は、
「今回はどんなサプライズが見れるんだろうか?(笑)」と今回の参議院埼玉補選の政見放送にも当然ながら期待を込めていたでしょう。

そうした意味では、
今回のN国党の政見放送は少しマイルドな内容だったと言えます。

立花孝志氏は、
今回の選挙が始まる前から「話題作りは故意」「なるべく(議員活動や炎上商法は)早く辞めたい」と言っていました。

立花孝志氏のyoutubeチャンネル登録者数は約50万人。

そしてTwitterのフォロワーは約13万人。

N国党の各所属議員が持つyoutubeチャンネル登録者数やSNSのフォロワー数を考えれば、相当な拡散能力や影響力をすでに構築しています。

そうした意味でも、
今回の政見放送は話題作りというよりは、N国党として有権者に伝えたいことをしっかり発信する、という側面が強かったと言えるでしょうね。

ハッシュタグ戦略によりネット上はN国党支持の意見が溢れる

今回の参議院埼玉補選では、
N国党の【ハッシュタグ戦略】が多くのN国党支持層やネットユーザーに広がっています。

N国党や立花孝志、対立候補の上田きよし候補に関する情報を主にTwitterで発信するときに、特定のハッシュタグを付けることによってN国党に有利な情報にアクセスしやすい状況を作るというものです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

→【N国党が仕掛けるハッシュタグ戦略とは?

もともとは、
埼玉選挙管理委員会が投票の啓蒙活動の一環として「#補選で埼玉」というハッシュタグを使おうと発信したのです。

しかし、
予想以上にN国党支持層のネットユーザーが多く、反対に上田きよし陣営のネット活用がお粗末だったため、埼玉補選関連のハッシュタグにはN国党の情報が溢れ、上田候補関連情報はほぼネガティブな情報になってしまいました。

2013年よりネットの活用が選挙運動で認められています。

また、
世界の潮流としてもビジネス、コミュニケーション、AIなど多くの分野でネットの活用が不可欠となっています。

当然ながら、
日本における政治や選挙もネットの活用が今まで以上に活性化してきます。

N国党のハッシュタグ戦略も、
遅かれ早かれ日本の選挙運動の主流の一つになる戦略だと言えます。

その傾向が顕著になったのが、
今回の参議院埼玉補欠選挙だったのです。

ネットを活用できていない上田陣営は、
たとえ当選したとしても民意を反映させた政治が果たして出来るのか甚だ疑問ですが・・・。

最後に:上田きよし候補はこのまま勝ち逃げすることが出来るのか?

いかがだったでしょうか。

地方選挙では政見放送はないので、
国政選挙での政見放送はある意味レアでもあり、また候補者の考えを映像で知ることが出来る貴重なチャンスです。

自分の住んでいる地域で国政選挙がある場合は、
是非政見放送を参考に投票先を決めてみるのもいいでしょうね。

さて、
N国党の政見放送やネット戦略は徐々に多くの人へ浸透しつつあります。

一方で、
上田きよし候補の選挙運動はどのように推移しているのでしょうか?

下馬評によれば、
埼玉での選挙では絶大な強さを誇る上田陣営が断然有利とのことです。

大した選挙運動やネット活動をせずとも、
そつなく選挙期間を過ごして投開票の日を迎えれば組織票により苦労なく上田きよし候補が当選するだろうというのが世間の予想となっています。

ですが、
ネットの世界ではN国党支持の情報が溢れ、反対に上田きよし陣営関連の情報はネガティブなものばかり、という状況になっています。

ネットが選挙や政治に与える影響力は、
アラブの春をはじめとする世界の出来事を見れば一目瞭然です。

「火事は最初の5分、選挙は最後の5分が大事」という言葉がありますが、10月27日に投開票してみなければ結果は分かりません。

今回の政見放送を皮切りに、
N国党の戦略はさらにネットで拡散されて人々の手元のスマホへ伝わっています。

令和元年の大どんでん返しが埼玉で起こるかどうか、
今後もじっくりとN国党立花孝志陣営と上田きよし陣営の戦いを見ていきましょう。

Twitterでの情報検索ではハッシュタグを利用しましょう

今回の参議院埼玉補欠選挙に関する情報は、
Twitterで検索する場合はハッシュタグを利用すると便利です。

推奨は以下のハッシュタグです。

#補選で埼玉

#立花孝志

#上田きよし

#上田清司

#N国党

#NHKから国民を守る党

#さいたま

#既得権益

#既得権益をぶっ壊す

#自民党

#立憲民主党

#共産党

#れいわ

※上から順に優先順位が高いハッシュタグです。
140字以内でツイートが収まらない場合は下の方から減らしていってください。

また、
情報を発信する時もこれらのハッシュタグを活用すると多くの人に情報が届くのでどしどし利用しましょう。