N国党の離党者

N国党幹事長の上杉隆氏が辞任を表明!今後の方針や選挙にどんな影響が?

※こちらの記事はフェイクニュースを取り扱ってしまいました。

申し訳ありませんでした。

10月25日のN国党定例会にて、
上杉隆氏は引き続き幹事長を続任します。

選挙対策委員長の職からは外れ、
後任は党首である立花孝志氏が選対委員長に就任します。

詳しくはこちらの定例会動画を参照にしてください。

※ ※ ※

NHKから国民を守る党の幹事長である上杉隆氏が辞任を表明しました。

離党という形ではなく、
現時点では「辞任」という表現なので、もしかしたら幹事長の職だけ辞任し、N国党には引き続き所属しているのかもしれませんが。

引用:
→https://hochi.news/

ニュース:
→【上杉隆氏がN国幹事長兼選対委員長の辞任を明かす

まだメディアが発表した時点での情報で、
10月25日のNHKから国民を守る党定例会にて詳しい状況がわかるとのことです。

今までのN国党の方針や選挙の戦い方に関しても、
党首の立花孝志氏だけの力だけではないのは誰が見ても明らかですよね。

きっと、
陰でサポートしてくれる優秀な人材がいることは容易に想像できましたが、その人物こそが上杉隆氏だったのでしょう。

その上杉隆氏が政党の舵取り役でもある幹事長を辞任することで、
今後NHKから国民を守る党にはどんな影響があるのでしょうか?

N国党の今後の方針はどうなる?

N国党の今後の方針はどうなるのでしょうか?

基本的には、
N国党は【NHKのスクランブル放送化】をメインの公約として掲げてきました。

関連:
→【NHKから国民を守る党の公約とは?

この方針はおそらく今後も変わりはないでしょうね。

また、2019年10月27日投開票予定である参議院埼玉補欠選挙では、
N国党は以下のような公約を掲げています。

・消費税を現行の10%から5%にする

・ベーシックインカムの導入交付(一人あたり7万円)

・スマートフォン購入時の助成金交付(一台あたり1万円)

・電動アシスト自転車購入時の助成金交付

関連:
→【埼玉補選でのN国党の公約って?

これらの方針に関しても、
今後N国党としては公約として掲げていくでしょう。

これらの方針を決定する際には、
幹事長である上杉隆氏の意見や考えは当然反映されていたと思います。

現行の方針については変更なしで、
今後新たなN国党の方針を考えるときには上杉隆氏とは別の人材の考えが反映されるかと思います。

N国党の今後の選挙戦略はどうなる?

では、
今後のN国党の選挙についてはどんな影響があるのでしょうか?

幹事長である上杉隆氏は、
20年近く政界に身を置き、またジャーナリストして情報収集するとともに多くの人脈を作ってきました。

→【上杉 隆 Wikipedia

また、
自身も2016年東京都知事選挙に立候補し実際に選挙というものを体験しています。

なので、
N国党の選挙戦略において上杉隆幹事長の助言やアドバイスは相当なサポートになっていたでしょう。

ちなみに、
N国党の選挙戦略は大きく2つです。

・メディアを使った戦略
→詳しくはこちらから

・政治と選挙の分離戦略
→詳しくはこちらから

これらの戦略は、
今までの政界や選挙ではタブーとされていたものでした。

ですが、
N国党が実際に地方選挙で徐々に議席数を伸ばしたり、参議院選挙で党首の立花孝志氏が自ら比例代表で参議院議員に当選したことで、

「N国党の選挙戦略は結果が出るぞ!」

とホリエモンやメンタリストDaigoをはじめ多くの人から注目され、その戦略の有効性を証明しました。

関連:
→【マツコ・デラックス事件の手法をメンタリストDaigoが絶賛?

その選挙戦略も、
当然ながら上杉隆幹事長の意見が大いに反映されているかと思います。

また、
参議院埼玉補選では、Twitter上でハッシュタグを使った情報拡散戦略を動画で配信し多くのN国党支持者が協力しています。

関連:
→【やってはいけない?N国党上杉隆が仕掛けるハッシュタグ戦略とは?

今後、
N国党の選挙戦略においては既存の所属議員の意見や党首である立花孝志氏の経験などが反映されるかと思います。

ただ、
長年ジャーナリストとして長年政界にかなり近い場所で情報を集めてきた上杉隆氏の辞任によって、より深い戦略を練る時に多少の影響はあるのではないでしょうか。

詳しい事は10月25日のN国党定例会の情報を待つのみ

今までのN国党の躍進の陰には、
少なからず幹事長である上杉隆氏の存在があったことは除外できないでしょう。

一説によれば、
参議院埼玉補欠選挙に立花孝志氏が議員辞職して再立候補することに上杉隆氏は反対していたそうです。

その流れで今回の辞任につながったかどうかはわかりませんが。

ケンカ別れか、

未来に向けた発展的な辞任か。

現段階では、
上杉隆氏の辞任の理由は推測の域を出ません。

全ては10月25日のN国党の定例会で明らかになるでしょう。

それまではじっくりと待ってみたいと思います。