ブログ記事一覧

なぜ二瓶文徳議員はN国党を抜けてさらに党首である立花孝志氏を脅迫罪で訴えたのか?

元N国党所属二瓶文徳氏が立花孝志氏から脅迫を受けたと被害届提出?

NHKから国民を守る党の立花孝志氏が、
中央区議会議員で元N国党所属の二瓶文徳議員から脅迫罪で訴えられて被疑者となったニュースをご存知でしょうか?

一部では話題になりましたが、
最近ではそれよりもN国党首である立花孝志氏がホリエモンと対談した動画が急上昇1位になったり、メンタリストDaigo氏から絶賛されている件の方が話題ですね。

→【N国党党首立花孝志氏とホリエモンの対談動画が話題?

そんなN国や立花孝志氏ですが、
やはり一般の我々からすれば脅迫罪で被害届を出したり出されたりするのは馴染みがなく、穏やかではないですよね。

というわけで、
なぜ二瓶文徳議員はN国党を辞め、さらに立花孝志氏を脅迫で訴えたのかについて調べてみました。

→【NHKから国民を守る党党首立花孝志氏ってどんな人物?

二瓶文徳氏はNHKから国民を守る党所蔵で選挙に当選

二瓶文徳氏は、
父親の二瓶文隆氏とともに2019年2月にNHKから国民を守る党から公認を得て、2019年4月の統一地方選挙で当選し中央区議会議員となりました。

話題のN国党から公認を得れば、
選挙で当選しやすくなるので狙い通りといったところでしょう。

選挙に当選後N国党に連絡せずに離党しようとし除名処分

ところが、
選挙が終わると二瓶文徳氏はN国党党員としての責務を果たさずに連絡が途絶えます。

N国党からの要請にも応じず、
一方的に離党をしようとしたところ、党からは除名処分をなりました。

N国党としては、
選挙で公認したのにも関わらず、選挙に当選したあとは責務を果たさずにすぐに離党を試みるのでは「裏切り行為」と思われてもしょうがないという認識でしょう。

選挙は、
無所属新人よりも政党に所属し公認したもらった方が得票数は伸びます。

その恩恵だけを享受し、
選挙に当選した後はすぐに離党するのは一般人から見ても「?」と思ってしまいますよね。

N国党党首立花孝志氏が二瓶文徳氏に対して動画で抗議

二瓶文徳議員の一連の行動に対し、
N国党の立花孝志氏は動画で「徹底的に戦う」と発信。

その動画の発言内容が、
二瓶文徳氏からしたら脅迫にあたるということで被害届を出すに至ったようですね。

※立花孝志氏の動画はすでに削除されています

N国党立花孝志氏の動画チャンネルではその後は更新されず

二瓶文徳氏から被害届を出された時、
立花孝志氏も動画でのその旨を発信しています。なんか慣れた感じですね。

このニュースは、
大手のメディアもこぞって報道しました。

なんせ、
現職国会議員が脅迫で被害届を出されたとあれば、話題にならないはずがありません。

※この件に関しては、立花孝志氏が別の動画で「印象操作をしている」と発言しています。動画はこちら。真相はどうなんでしょうか。

ですが、
その後二瓶文徳氏と立花孝志氏やN国党との間での進展はありません。

二瓶文徳氏が被害届を取り下げたかもしれませんね。

脅迫と言えば、
ユーチューバーのサーファーtakashiなる人物がN国党所属議員を脅迫したとして今度はN国党が被害届を出しました。

→【なぜサーファーtakashiをN国党は訴えたのか?

話題が全然尽きませんね、N国党は。

まとめ

二瓶文徳議員は、
すでにN国党から除名されているのでいまは無所属で議員活動をしているものと思われます。

これについては、
立花孝志氏以外の報道陣や一般の人からも説明を求められています。

→【【動画】N国党を除名処分となった二瓶文徳氏報道陣に詰められる?

両者の言い分の真相はどうなんでしょうか。

今後情報が更新され次第、
こちらで続報をお伝えしていきますね。

参考サイト:
→【【除名】二瓶文徳 中央区議員 他「NHKから国民を守る党」