ブログ記事一覧

【今さら聞けない】NHKから国民を守る党の公約、主張とは?

彗星のごとく表れたNHKから国民を守る党。

今では、
党首の立花孝志氏がホリエモンやメンタリストDaigoから絶賛され、少しずつN国党の存在や活動が世に知れてきました。

では、
そもそも【NHKから国民を守る党】の公約、主張とはなんなのでしょうか?

今さら聞けないシンプルな疑問にお答えしましょう。

NHKから国民を守る党の公約とは?

NHKから国民を守る党の公約は大きく以下の2つです。

  1. NHKのスクランブル放送化の実現
  2. NHK受信料集金人の戸別訪問の規制

NHKのスクランブル放送化の実現とは?

現在、
NHKはTVを持っている全ての人から受信料を徴収している、またはしようとしています。

たとえNHKは全く観ていないと主張しても、
TVを所有している以上NHKの受信料は払わなければならないと、時には裁判を起こしたりして公共料金のごとく国民から受信料を徴収しています。

放送のスクランブル化とは、
そのコンテンツを観たい人のみが課金して視聴する方法です。

WOWOWやスカパーなどはその方式をすでに採用していますね。

もしもこのNHKのスクランブル化が実現すれば、
NHKを観たい人だけが受信料を支払ってNHKを視聴して、それ以外の国民(TVを観ない、NHKを観ないまたは観たくないなど)はNHKを観ない代わりに受信料を支払わないという選択ができるようになります。

NHK受信料集金人の戸別訪問の規制とは?

NHK放送のスクランブル放送カロリーに付随して、
【NHK集金人の戸別訪問の規制】をN国党は目指しています。

スクランブル化が実現すれば、
そもそもNHKの集金人が個別に各戸を訪問して受信料を払え払わないなどの押し問答をする必要がなくなりますよね。

ネットまたhコールセンターで対応すればいいだけの話ですから。

NHK集金人は職員ではなく、NHKから業務委託された個人事業主か民間会社の社員やアルバイトです。集金人には、ノルマ(2ヶ月50件以上の新規契約など)が課せられており、また報酬も歩合制の為、法律を無視した強引な契約を迫ってきます。

参照:
NHKから国民を守る党 公式サイトより

上記にもあるように、
NHKの集金または集金人に関しては以前から問題視されてきました。

NHKから国民を守る党の公式サイトには、
NHKの職員や集金人が起こした数々の問題を掲載してあります。

→【NHKから国民を守る党がNHK受信料不払いを薦める理由

なかなかひどいですね・・・。

特に女性や老人の一人暮らしの場合は、
見知らぬ人から受信料を払えと迫られたら怖くなってしまいます。

これはぜひとも改善したほうがいいでしょう。

こうした問題を解決し、
国民が自分の意志でNHKというコンテンツを視聴する環境を目指すのがNHKから国民を守る党の公約、主張なのです。

N国党が目指すのは「直接民主主義」

また、
NHKから国民を守る党は「直接民主主義」の実現も目指すとしています。

直接民主主義が実現されれば、
法律の制定は直接国民の投票によって採決がなされます。

過去にNHKのスクランブル放送化に関する意見をまとめた時、
実に回答者の80%以上の人がスクランブル化に賛成という結果が出ました。

この結果を踏まえた上で、
N国党としては直接民主主義が実現すれば党の公約であるスクランブル放送化の実現も可能と見ているのです。

ただし、
こちらの記事によれば直接民主主義には衆愚政治になるという側面もあります。

→【「直接民主制」とN国党・立花氏の目指すもの(海保けんたろー)

AとBのそれぞれの法案のメリット、デメリットを理解せず、
表面的な議論や印象だけで直接民主主義が行われると政治が乱れる可能性があるというわけです。

ですが、
少なくとも現状の選挙制度(間接民主制)では、

  1. 有権者に選ばれた政治家がオープンに政治をしていない
  2. お金にまみれている
  3. 真面目に議員の職務を果たしていない
  4. 当選後にすぐに党や主張を変えてしまう

などといった問題が発生しています。

これでは、
有権者が望む政治の実現は難しいでしょう。

NHKから国民を守る党が目指す直接民主主義が実現されれば、
現状の選挙制度、民主主義に対して改めて議論し直す機会を与えることができるのです。

NHKから国民を守る党が目指す直接民主主義によって、
これからの日本に大きな影響を与える可能性は大いにあると言えるでしょう。